うつ病ってどんな病気なの?

悲しい出来事に遭遇すれば、誰しも憂鬱な気分になるはずです。

とは言え、例えば自分にとって大切な人が亡くなってしまった場合であっても、その時どんなに憂鬱な気分になったとしても、何日かすればまた日常生活を送れるようになるはずです。

でも、何日計画しても憂鬱な気分が抜けきれず、日常生活も送れないようになってしまうケースが稀にあります。

コレがいわゆる「うつ病」と呼ばれるもので、治療が必要な病気になります。

憂鬱な気分になるのは誰しもあることですが、いつまでも憂鬱な気分が晴れず、日常生活に支障を来すケースを「うつ病」というのです。

うつ病の症状としては、意欲減退、憂鬱感、睡眠障害、食欲低下、性欲減退、頭痛、めまい、肩のこり、仕事の効率が落ちる、、、などがあります。

うつ病になると、死への思いを持つ人が増えます。

それゆえ、周囲の人は慎重な対応、接し方が求められるので注意しましょう。